2020.03.13 Friday

ウイルスに感染した人より落ち込んでいるかも

0

     

      

     たぶん黒岳から見下ろした景色 (北海道)

     

     

     

    今現在は私、株式投資からしばらく距離をおいておりまして

     

    積立投信も純金積立も何年も前にやめています。

    (利益が出たものほど早くやめてしまっているおバカさん)

     

    唯一続けているのがFX(外国為替証拠金取引)です。

     

     

    パチンコにはまっていた母を見下していた私が

     

    実はギャンブル性のあるものにはまっているという

     

    これはDNAのなせる業でありましょうか。

     

     

    すでに今まで、FXで相当な損失をたたき出しているわけですが

     

    母のようにパチンコの儲けもコツコツ貯金という

     

    堅実な(?)ギャンブルと違い

     

    私のFX取引は雑で危なっかしいだけのギャンブルでした。

     

     

    今年こそは、と頑張りかけていたんですけどねーー、

     

    コロナウイルスのせいにしちゃうのは、お門違いなんですけどねーー

     

    またまたやらかしてしまいました。

     

     

    しくしく・・・(T_T)

     

    この悲しみを暖炉で燃やしてしまいたい。

     

    いっその事、私を燃やしてしまいたい。 いや、ウソだけど

     

     

     

    それで私は気づきました。

     

    キリギリスのままではうまくいかないのだと・・

     

    アリさんになって、上手に節約やコツコツ貯金できる人こそが

     

    うまく安定してやれて生き残れるのだと。

     

    おかしいな〜

     

    とっくに気づいていたはずなんだけどな〜

     

     

    夫がそろそろ仕事を引退しそうだと

     

    焦りの気持ちが出てしまったんだと思います。

     

     

    kotsurinkoのkotsuって、コツコツ頑張るのコツなんですよ。

     

     

    欲をかいたら私の老後はお終いだな〜

     

    ま、致命傷を負ったわけではないし

     

    そして今の私には稼げる手段がFXしか無いので

     

    初心に戻ってコツコツ頑張ります。

     

     

     


    応援クリック頂けたら嬉しいです。
    にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ  

    2020.02.21 Friday

    次女家族の生活費

    0

       

        

       摩周湖 (北海道)

       

       

       

      我が家の生活費

       

      大雑把ではあるけれど計算してみました。

       

      お小遣いも含めると月に40万は要ります。

       

      夫が自営の仕事をやめると

       

      次男からは最低4万の生活費を徴収せねばなりませんから36万まで落とせる?

       

       

      そして一つ、

       

      どうしても引っかかって納得できてないことがあるのです。

       

      節約するよりも先に片づけなくてはならない問題のようにも・・

       

      次女家族の生活費です。

       

      夫婦で働いていて合わせて30万以上は少なくとも稼いでいるはず。

       

      我が家に入れてもらっているお金は

       

      国民健康保険料と次女が乗ってる車の保険も込みでたったの3万円。

       

      若い夫婦が貯金も出来なけりゃ先々が大変だと

       

      大目に見過ぎて甘やかした私が悪いんですけどね。

       

      最初の多くない収入に免じた訳だから

       

      収入の上がっている今、そろそろ入れてもらうお金を値上げしても

       

      遅すぎるだろ、の声しか上がらないはずですよね。

       

       

      家賃が掛からないだけでも同居のメリットはあるはずなのに

       

      変に遠慮してしまうヘタレ母親の私です。

       

       

      一番引っかかっているのはね、

       

      こんなにも生活費の掛からない暮らしをしている次女家族の

       

      貯金がたいして増えている様子じゃないこと。

       

      いったい何に消えているのやら・・

       

      この金食い虫さん達をどうにかしないと

       

      私たち夫婦の老後に暗雲立ち込めまくりでしょうね。

       

       

      元々は私がまいた種のようなところがありますから

       

      いきなり突き落すような真似はしませんよ。

       

      少〜しずつ厳しくしていって

       

      言うこと聞かなきゃ食事の質を落としてやろうかしら、って思ってますよ。

       

       

      ま、私も両親からお金の面では甘やかされていましたしね、

       

      負の連鎖、やってしまったようです。

       

       

       

      お金の問題をクリアにするのって難しい・・・

       

      おチビさん2人が可愛すぎるから余計にね。

       

       

       


      応援クリック頂けたら嬉しいです。
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ  

      2020.02.20 Thursday

      ザル家計を省みる

      0

         

          

         宿から見た阿寒湖 (北海道)

         

         

        最初の予定ではマリモを見ることにしていたのですが

        もう見なくていっか! と話してやめにしました。

         

        この時点で既に北海道20泊目、

        だんだんと旅の内容が雑になってました。

         

        長すぎる旅行も考えものだと学びましたね。

         

         

        この旅行では本州を含めて全36泊したのですが

         

        長くて贅沢な旅行をしたわりには

         

        私たち夫婦はお金の問題を抱えておりまして

         

        なら何でこんな贅沢な旅行ができたかというと

         

        それは長女が旅費の8割方を負担してくれたからっていうだけの話。

         

         

        で、お金の問題ですが

         

        夫は仕事人間なので今のところしっかり稼いでます。

         

        なのになぜかしら、残っていかないのよね〜

         

        誰がザルなのか、私の頭の中で犯人捜しをしてみたら

         

        どうやらザルは私?

         

         

        稼いでも稼いでも最後には

         

        よくもまあこんなに見事に使い切れるもんだわねーと思うくらい

         

        貯金として残っていかないわけだ。

         

        さすがに夫からクレームが出まして

         

        どんだけ働いても残らないっ、てね。

         

        ちょっと昨日から節約できそうなところを

         

        考えてみたんですけどね。

         

        大雑把に削れると思ったのが3万くらいありまして

         

        雑に考えて3万ならきちっと計算して無駄を省いていったら

         

        もっと削れる可能性は高いよね。

         

        という結論に達したので

         

        今日は我が家の一か月に必要な費用を書き出してみようと思ってますの。

         

         

        56歳にして初心に戻らなけりゃならないという

         

        幼稚な自分の家計管理には、ホント愛想が尽きます。

         

         

        こんなキリギリスな私の老後生活、

         

        子供たちの力を借りずにどこまでできるのか

         

        生暖か〜く見守っていただけると・・・・・

         

         

        いえ、いろいろと反面教師にして下さいな。

         

         

        私は、

         

        お金のことに関しては、あんまり深刻になれない性分なんですよね〜

         

        困ったことにね。

         

         

         


        応援クリック頂けたら嬉しいです。
        にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ  

        2019.12.12 Thursday

        わたしたち夫婦の経済状況

        0

           

            

               

          花巻温泉へ行く前、金色堂を見に行きました。

          金色堂が撮影できないので周りの建物をいくつか撮ったうちのひとつ。

           

          一度の旅行でいろいろ行き過ぎて、すでに記憶がぼんやり・・・

           

          一度に回り過ぎるのはよくないと思いました。

           

           

           

          ーー・・・−−・・・−−・・・−−・・・−−・・・−−

           

           

           

          あと3年ほどしたら夫が年金を受給し始めますが

          その額は、月に3万ぐらいです。

           

          そしてわたしは14年後、月額にして45,000円前後受給できるかな〜

          と予想しています。(70歳まで繰り下げての話)

           

          しかもわたしは、65歳まで払い続けなければこの金額にならない。

           

          こんな厳しい状況なのに夫婦の金融資産は500万も無い。

           

          今のところ300〜400ぐらいかな、といったところですが

          自営業の支払いは先が読めないところがあって

          最後、自営をたたむ時にどれくらい手元に残せるのか

          まったくもって予想ができないです。

           

          そんなことから

          わたしたち夫婦は、全ての金融資産をリスクにさらし

          FXでもって老後を乗り切ろうとしています。

           

          危なっかしくって、とても人には言えませんし(ここでは言うけど)

          失敗したら死ぬまで何かしらの仕事を続けることになるでしょうね。

           

          それもしょうがないです。

          今振り返るとわたしの責任は大きかったな、と思いますから。   いろいろと・・

           

           

          自営なので体が動くうちはずっと続けたらいいじゃないか

          と思われるところなんですが

          夫もここへ来て疲れが溜まりやすくなり

          そろそろ引退か・・・の時期がせまっております。

           

           

          問題はわたしですよね。

           

          けっこうな引きこもりさんで人見知りさんなので

          外で働くのはちょっと・・・

           

          FXがうまくいかなくて

          夫が仕事もできなくなって

          収入の道が断たれたら

           

          その時は死ぬ気でがんばります。

           

           

           

           

            

           

           おろかなる者は 思ふ事おほし   by 松尾芭蕉

           

           

           


          応援クリック頂けたら嬉しいです。
          にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ  

          Calendar
           123456
          78910111213
          14151617181920
          21222324252627
          282930    
          << June 2020 >>
          ランキング
          Selected Entries
          Categories
          Archives
          Links
          Profile
          Search this site.
          Others
          Mobile
          qrcode
          Powered by
          30days Album
          無料ブログ作成サービス JUGEM