2020.03.15 Sunday

あこがれのホテル

0

     

      

     サラブレッド銀座 (北海道)

     

     

     

    今日は遅ればせながら

    長女の確定申告のお手伝いを始めようかと

    領収書を預かって見ていたら

     

    東京での宿泊先が、

    少し前の記事で私が書いた

    ザ・リッツ・カールトン東京じゃなかったんですよ。

     

    あれ? 私の思い込みだった?

    と思って長女に聞いたら

     

    ザ・リッツ・カールトン東京は高くつくから

    別の所に変えたんだと。

     

    安いところから高いところへ変えたのなら

    このまま黙っておいたでしょうが

    格下げしたのなら訂正しておかねば、と思いましたの。

     

     

    さすがにね、

    長女も生まれて20年以上

    庶民的な家庭で育ってますから

    多少はビビる気持ちが湧いたんだと思います。

     

    で、変えた先が、ヒルトン東京。

     

     

    うーーーん、

    私にとってはどっちがどうなんだか

    見分けがつかない世界なんだけどーーー

     

    と思って調べたら

    確かにザ・リッツ・カールトン東京の方が

    格付けがずっと上なのね。

     

    ま、だからと言って

    ヒルトン東京の宿泊費は、全然かわいくない金額で

    じゅうぶん私を驚かせるものでしたがね。

     

     

    ところで格付けの高いホテルの中で

    私が一度泊まりたいと思っているのは

     

    ホテルニューオータニ(東京)です。

     

    すご過ぎる日本庭園が

    激しく私を呼んでいるわ。

     

    知らない方は検索してみて下さい。

    滝好きの私がそそられる訳が分かると思います。

     

     

    他のことでは、

    なかなか長女にねだることができない私ですが

    これだけは、いつの日か・・

    ねだってみようと思います。

     

     

    あれ? 相変わらず呑気な私ですね。

     

     


    応援クリック頂けたら嬉しいです。
    にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ  

    2020.03.09 Monday

    長女からのダメ出し

    0

       

        

       フラワーランドかみふらの (北海道)

       

       

       

      結局、昼間はなんだかんだと忙しくなり

      別のPCでは夜にゆっくり更新ということが出来ないために

      長男がいる間中、更新ならずでした。

       

      長男が帰省してくる度に更新が途絶えてしまうなんて

      自分でも何だかな〜、って思います。

       

      スマホから投稿できるようにならんといかんのね。

       

      それか夫に長男部屋をこしらえてもらうか・・・リフォーム・・・・・

       

      いっその事、家を建て替えて欲しい。

       

      家も20年を超えるといろんな所にガタがきてて

      あっちこっちと直していたら

      建て替えるぐらいの金額に届いちゃいそうです。

       

       

      私は今の家にこれっぽっちも愛着が無いのだけれど・・

      大きいばかりで使い勝手は悪いし間取りは最悪だし。

       

      でも子供たちにとっては育った家としてなかなかの愛着を持ってて

       

      夫は夫で、一から自分で建てたというプライドやら愛着やらで

      あんまりケチを付けると怒らせてしまうのよね。

       

      昨日は、そもそもこんな所に家を建てたのが間違っていたんだ、なんて言ったら

      長女に叱られてしまいました。

       

      今更どうしようもないことを言うと、よく長女に叱られるのですが

       

      昨日はつい熱が入ってしまって

      夫がしてきたことを否定するような言い方を続けたので

      いつもよりきつく長女からダメ出しされてしまいました。

       

      確かに私が悪いと思ったので反省してます。

       

      でもコンパクトで掃除し易い平屋の家が

      できれば見晴らしのいい場所に欲しいということだけは訴えました。

       

      お金は無いけれど口に出して言ってたら叶う確率は上がると思ってます。

       

      0%が5%くらいには上がるんじゃないでしょうか(笑)

       

      言い続けていたら10%まで上がるかもしれません。

       

       

      長女には冗談ぽく、しっかり儲けて建ててね、とは言いましたが

      たぶんそうするのは複雑な気分だと思うのですよね。

       

      できれば私達夫婦の力で、と思うけど

      なかなか私達の秘密兵器のFXは思うようにはいきませんし

       

      せめて旅行ぐらいは・・・・・と思ってしまうのですが・・・

       

       

      確率を1%でも上げるために

      明日は具体的な夢を記録しておきたいと思います。

       

       


      応援クリック頂けたら嬉しいです。
      にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ  

      2020.02.16 Sunday

      弱虫っっっ!!

      0

         

          

         ふきだし公園 (北海道)

         

         

         

        毎日気楽に暮らしたいな〜、と思うのですけど

        なかなか思うようにはいきません。

         

         

        私はとってもネガティブです。

         

        何か新しいことが始まりそうな気配がしてくると

         

        自分の周りをガッチリ、ガードしてしまって

         

        ポジティブな考えを片っ端から排除してしまうのです。

         

        なぜならば、後でがっかりしたくないから・・・

         

         

        そんなに期待しているわけではないんですよ。

         

        でも家族の誰かが、がっかりしている姿を見るだけで

         

        私もがっかりして傷付いてしまうのです。

         

         

        お母さんは、いっつもマイナス思考だ、って

         

        娘から指摘されることが多いです。

         

        良くないことだとは分かっているつもりなのだけど

         

        つい、いつもの調子でネガティブな発言ばかりしてしまっています。

         

         

        新しいことが始まると今の穏やかさが崩れてしまうのではないか

         

        という心配が頭から離れないのですよ。

         

         

        母の老いという現実にも真正面から向き合えていない上に

         

        また一つ心配事が増えるのか・・・と。

         

        弱虫にもほどがありますね、私。

         

         

        50も遠に過ぎて、もう60に近いというのに

         

        情けないったらありゃしない。

         

         

        メガネやベルトを装着してポーズを決めるだけで

         

        ポジティブな私に変身できたらいいのにね。

         

         

         

        具体的な話は何も無しでごめんなさい。

         

        明日は少しだけ前向きになっていたいと思います。

         

         

        私の意気地なし!!

         

        心配なんか蹴っ飛ばしてしまえ!!

         

         

         


        応援クリック頂けたら嬉しいです。
        にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ  

        2020.02.07 Friday

        私のDNA<夫のDNA

        0

           

            

           紫竹ガーデン

           

           

           

          若いころの私には、漫画家になりたいという夢がありました。

           

          しかし、ただの夢で終わりました。

           

          一番の理由は才能が無かったことに尽きますが

           

          それよりも何よりも夢に向けて具体的な行動を起こさなかったし

           

          努力する根性がありませんでした。

           

           

          夫を見ているとふっと思うことがあります。

           

          夫の持つ行動力と根性、粘りが私にあったなら

           

          才能が無いので大成功とまではいかなくとも

           

          ある程度、漫画家の端くれにかすめることができたかもしれないと。

           

           

          努力が大嫌いな私が叶うはずもない夢を持っていたものです。

           

           

           

           

          私の上っ面の夢と夫の根性が合わさって

           

          長女が出来上がりました。

           

           

          自分で自分にプレッシャーを掛ける夫の根性を受け継いだDNA無くしては

           

          長女の成功はなかったでしょう。

           

           

          あらためて、私には死に物狂いで頑張れることが無いのだろうかと

           

          のらりくらりとした毎日で人生を終えるのかと

           

          少々虚しさが襲ってきたりもしています。

           

          努力が嫌いな人間の成れの果てなのでしょう。

           

          こんな思いで終わりたくはないですけどね。

           

           

           

           

           

           

            

           

          長女が12歳の時に描いたもの。

           

          アフターを見せられませんが、ずいぶん成長したものです。

           

           

           

          娘に触発されて、何かしなければ・・・

           

          そんな思いに駆られる今日この頃です。

           

           

           


          応援クリック頂けたら嬉しいです。
          にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ  

          2020.02.06 Thursday

          甘すぎる夫が、ずぼら妻を作る

          0

             

              

             紫竹ガーデン

             

             

             

            記事タイトルは、まさに我が家のことです。

             

            夫は食べ物のことには、ほぼ何も言いません。

             

            文句らしい文句をつけられたことがありませんね。

             

            何も無かったら自分でキムチなんかを冷蔵庫から出して

            それだけでご飯を済ませてしまって何も言わないような人。

             

            掃除や他の家事に関しても

            あんまり気になれば少し言う程度で

            ほとんどガミガミ、くどくど、注意を受けることがありませんでした。

             

             

            そうなると根が怠け者の私ですから

            調子に乗らないはずがない、ってものです。

             

            どんどん妻は手抜きが加速してしまって

            夫は気づかぬうちにずぼら妻を育て上げてしまいました。

             

             

            どうですか!

            どこへ出しても恥ずかしいくらいの妻に成長しましたよ。

             

             

            ずぼら自慢がしたいわけじゃないんですよね。

             

            今の私のだらしなさには

            夫にも責任の一端はあるのではないの? って言いたくて

             

             

            私の両親の昔を思い出します。

             

            父は最初こそ母の作ったお弁当を持って仕事へ行っていたらしいけど

            父好みのおかずを作ってくれないからか

            私が物心つく頃にはもう父は自分でお弁当を作っていました。

             

            そういうところにはガミガミ言わない父で

            甘やかされた母は、すぐにお弁当作りを父に丸投げです。

             

            実は私も母の作るお弁当があまりにもみすぼらしくて恥ずかしいので

            小学校高学年から遠足のお弁当も運動会のお弁当も

            自分で作っていました。

             

            もちろん母は、ラッキー♪と思ったかどうかは分かりませんが

            父の時と同様、私が喜びそうなお弁当を作る努力をすることなく

            即座に私に丸投げでした。

             

            これは余談でしたが

             

            父は母の家事に関しては何もうるさく言わない人でしたし

            母が日曜日の度に一日中パチンコ通いすることにも

            夜、出掛けることにも

            ほとんど文句を言わない人でした。

             

            夫が妻を甘やかしてずぼらにする典型じゃなかったかしら。

             

            ま、母の場合は私も父も

            できない母に期待するだけ無駄、

            っていう諦めの心境だったようにも思うけど。

             

             

            こんな話をブログに書いてる訳は

             

            私このままだと嫌っていた母の姿の二の舞だぞ、

            っていうことに気づいてドキドキしてるから・・・

             

             

            私だけがレベルダウンして夫と釣り合わなくなるだけでなく

            子供達から軽蔑の対象になるのでは?

             

             

            料理はね、嫌いだけど作ってますよ、毎日。

            我が家、外食率低いです。

             

            PCでレシピを検索しては頑張ってます。 手抜きも多いけど・・

             

            でも、片づけと掃除がねーー  一番苦手です。

             

             

            これから徐々に暖かくなっていくと同時に本気を出さなきゃな、って

             

            ここで決意すれば頑張れるかな、と思って

             

            それがブログをやっている意味になるかな、って。

             

             

            私は母より劣る母親にだけはなりたくないんです。

             

             

            耳障りな物言いだったらごめんなさい。

             

            でも私の本音です。

             

             

             


            応援クリック頂けたら嬉しいです。
            にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ  

            2020.02.04 Tuesday

            夫婦の釣り合い

            0

               

                

               夫婦滝 (岐阜県)

               

               

               

              私の滝好きに半ば呆れながら付き合ってくれている夫ですが

               

              旅行以外の時、

              リタイア後の暮らしで滝巡りに付き合ってくれるかどうかは微妙。

               

               

              普段、家にいる時の夫は完全なテレビっ子です。

               

              ほとんど時代劇ばっかり見てますけど、、

               

              私も昔は時代劇大好きだったんで一緒に見ることもありますが

               

              今は海外ドラマを見る方が好きですね。

               

               

              家にいる時はテレビばかりというと

               

              能無し夫のような印象を受けてしまいがちなんですが

               

              夫は鬼のように仕事しまくる人で

               

              自分で自分にプレッシャーを掛けながら頑張るタイプの人なので

               

              テレビぐらい好きにさせてあげなければ、って感じですか。

               

               

              とにかくプラス思考なので

               

              マイナスな事ばかり考えてしまう私は

               

              夫の性格に何度も助けられてきた気がします。

               

               

              ま、尊敬できる部分を持った夫であるということですよ。

               

               

              反対に私はね、

               

              怠け者でお仕事したくない人ですし

               

              努力が大っ嫌いで、プレッシャーを掛けられるなんてもってのほか。

               

              弱虫でコミュ障で引きこもりで料理嫌い。

               

              人から尊敬されるようなところが何も無い。

               

               

              いいとこ無いんですけど

               

              なぜか夫婦関係は安定していると言えます。

               

               

               

              私の持論なんですけど

               

              夫婦って人としてのレベルが同じであることで成立するものかな、って。

               

              だから一見すると頑張り屋の夫と何も頑張らない私では

               

              釣り合いが取れなさすぎなんじゃない?

               

              って思えても

               

              釣り合いが取れてるってことは

               

              夫にも人としてダメな部分がいっぱいあって

               

              私にも自分では気づかない、いいところがいっぱいあって

               

              お互いのレベルが近寄っているに違いない、 ってね。

               

               

              まあ、なんですか

               

              この記事書いてると落ち込みますねー

               

              私って何て、すっとこどっこいな奴なんだ。

               

               

              私の言い分には

               

              きっと自分にもいいところがあるに違いないって思いたい

               

              という願望が大いに含まれてますよ。

               

               

               

              釣り合いが取れなくなった時が離婚、ということですかね。

               

               

               


              応援クリック頂けたら嬉しいです。
              にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ  

              2020.01.30 Thursday

              北海道への心残りから自分の本音を知る

              0

                 

                  

                 展望所から見た大沼・小沼 (北海道)

                 

                 

                 

                今日の私の自由時間は、ずぅーーーっと

                北海道を旅された方のブログを見てた。

                 

                そして分かった。

                 

                自分で思ってたよりも

                行くべき場所なのに行ってない場所が、たっくさんあったということ。

                 

                見れば見るほど

                もう一度行きたくなっちゃったんだよね〜

                 

                ううん、北海道じゃなくてもいいのかも・・

                どこでもいいのかも・・

                 

                 

                 

                完全移住の夢は諦めてもいいけど

                 

                あなたいったいどこに住んでるの?

                って言われるぐらい、日本中を旅して

                し倒しまくる暮らしでもいいかもね。

                 

                なんて思ってしまった。

                 

                 

                私は人間関係に、しがらみができてしまうのが嫌いなのだ。

                だから一つ所に長く住みたい願望は無い。

                 

                生まれ故郷じゃなくてもいいんだな。

                 

                って言うより

                面倒くさい人間関係から逃げたいだけなのか。  そうなのか。

                 

                 

                人付き合いが苦手な私は

                遊牧民のような暮らしが合っているのかもね。

                 

                 

                そんなところに行き着いた。

                 

                 

                 


                応援クリック頂けたら嬉しいです。
                にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ  

                2020.01.29 Wednesday

                どこへ住んでも同じ、、、とは思わない

                0

                   

                   

                   松前城 (北海道)

                   

                   

                   

                  今日は朝から、ぽかぽか陽気で

                  車の中だと暑いくらいです。

                   

                  そういえば昨年の9月に北海道の旭岳で雪を見て以来

                  この冬は一度も雪を見ていません。

                   

                  この辺りでは、周りの景色が真っ白になることなんて

                  ほとんどありませんから

                  いいのか悪いのか・・

                  朝起きた時のワクワク感は味わえませんね、残念ながら。

                  (雪のために苦労されている方には申し訳ない思いになりますが・・)

                   

                   

                  つい3日ほど前のことだったでしょうか

                   

                  暖冬を味方に付けて(?)しぶとく生き抜いているらしきゴキブリさんが

                  トイレの窓に現れましたのよ。

                   

                  虫の出ない時期が私にとっては、やすらぎなのに・・

                   

                  一年中出るんか〜い、って嘆いてますよ、ホント。

                   

                   

                  今、住んでいる場所で幸せになりましょうよ。

                   

                  ってどこからともなく聞こえてきそうなんですが

                  私はね、せめて中国地方へ帰りたいのです。

                   

                  聞き慣れた方言、

                  懐かしさが湧いてくる景色、

                   

                  これから年を取れば取るほど昔に帰りたくなっていくでしょうか。

                   

                   

                  子供達から生まれ故郷を奪いたくないという気持ちから

                  自分の思いは封じ込めていますが

                   

                  いえ、子供たちのそばから離れる勇気が無いだけかもしれません。

                   

                   

                  夫の気持ち、お金の問題、

                  いろいろあるでしょうから願いは叶わないかもしれませんが

                   

                   

                  どこか別の所で暮らしてみたい。

                   

                   

                  そう思うのは

                  今の私が幸せに不足を感じているからなのかもしれませんね。

                   

                   

                   


                  応援クリック頂けたら嬉しいです。
                  にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ  

                  2019.11.27 Wednesday

                  移住にあこがれる今日この頃

                  0

                     

                     

                     

                    十和田湖の展望台にて。

                     

                     

                    わたしは海の見えるところか、湖のそばで暮らしたい。

                     

                    などと夫には話しています。

                     

                    いまどき、移住が流行っておりますが

                    わたしにもそのチャンスが訪れてくれないかな〜 と

                    いつも人生の楽園なんかを見るたびに考えているんですよね。

                     

                    きっと思わぬデメリットにぶち当たることもあるのでしょう。

                    海のそばは潮風に悪さをされるとか・・

                    (わたしの住んでる地域は火山灰に悪さをされてます。)

                     

                    そういえば、温泉地で聞いた話では(ph1.7とかの)

                    車や家電製品が5年でダメになるそうです。

                     

                    聞かなきゃ分からない、行ってみなきゃ分からないことって

                    たくさんあるでしょうから

                    確かに安易な移住も考えものですが・・・

                     

                     

                    せめて火山灰の降らないところ・・

                    もう少し涼しいところ・・(=虫の出る期間が短いところ)

                     

                    本当に見晴らしのいいところに住みたいです。

                     

                    子供たちがいなければ本気で考えると思います。

                     

                     

                    別れ難いお友達がいるわけでもないですしね。

                     

                     

                     

                    でも、

                    こんな思いに一番ストップをかけているのは自分自身なのかもしれません。

                     

                     


                    応援クリック頂けたら嬉しいです。
                    にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ